どうやって応募する?

芝居経験がない人の場合には、俳優の養成所やスクールへ行ったほうがよいと別のページで述べました。養成所直属の事務所所属の俳優になれるチャンスがあること、芸能事務所を対象とした映像作品などの主役級を決めるオーディションを、事務所所属俳優になることで受ける機会に恵まれる可能性があることが主な理由です。

養成所に入所するには、オーディションを受ける必要があります。応募方法は養成所によってある程度は変わりますが、ウェブサイトを開設している養成所はたいてい、オンライン申し込みに対応しています。専用フォームに必要事項を入力して送信するだけで応募は済みます。あとで届く案内にしたがい、オーディションの日時に必要なものを持って会場へ行く形になります。

応募の際に注意したいのは、年齢制限です。引っかかっているとそれだけで落ちてしまいます。とくに中高年の人や小さい子どもは年齢制限に引っかかってしまうことが多いです。ただ、諦める必要はありません。養成所によってはシニア枠や子役枠としてオーディションを行なっていることがあります。

そのほか、オーディションの合格がゴールではなく、入所後には演技などのレッスンを受けることになり、入所やレッスンなどの費用が発生します。カリキュラムの内容や金額が納得のいくものであるかどうかもチェックしておきたいところです。